ナースの日記
第13回新潟市民病院メディカルラリーに参加しました。
私達は7月に行われた第13回新潟市民病院メディカルラリーに参加しました。
メディカルラリーとは、医療チームが模擬患者を診察し、限られた時間内にどれだけ的確に診断と治療を実施することができるかを競う、院内の技能コンテストのことです。

心肺停止患者、複数患者の対応、ショック患者などさまざまな場面を想定し、チームワークを発揮して課題に取り組みました。

メディカルラリー2017_1

メディカルラリー2017_2

医師や看護師だけでなく、薬剤師や放射線技師、臨床工学士などさまざまな職種がチームを組みました。私達の部署からは、男性看護師4名・研修医1名の計5名で参加しました。

メディカルラリー2017_3

優勝しました! 今年はMVPもいただきました!
院内で行われる急変対応訓練に参加して、知識と技術を磨いてきた結果、2年続けての優勝です。滅多に起きない急変だからこそ、的確な対応ができるように日々努力していきたいと思います。


お誕生会を行いました
お誕生ケーキ

新生児内科に勤務しているNです。
先日私は、担当した赤ちゃんの1歳のお誕生会の、開催に関わらせていただきました。ご両親と一緒に企画し、普段は面会制限があって、赤ちゃんとは会えない兄弟と初めての家族写真を撮りました。ご両親からは手作りのケーキ、おもちゃ、絵やメッセージの贈り物があり、どれもこれも愛情に満ち溢れていました。

メッセージ

今回の企画に携わったことで、ご家族が赤ちゃんと一緒に過ごす、大切な時間を作るお手伝いができたと嬉しく思いました。ご家族の笑顔をみて私も感激し、ご両親の想いを大切にしながら一緒に悩み、一緒に泣いたり笑ったりしたことを思い出し、自分の仕事にやりがいを感じました。
両親学級を担当しました
両親学級

先日私は両親学級の担当でした。
毎回多くのご夫婦や、そのご家族に参加いただいています。
午前中は赤ちゃん人形で沐浴(お風呂)の説明をしました。みなさん産まれてくる赤ちゃんのために一生懸命練習していて、頼もしく思いました。
午後はお産と母乳育児についてお話ししました。
母乳育児の良いところ知って、皆さん母乳育児に関心をもっていただけたようでした。
その他にも赤ちゃんの成長する過程が分かるお人形や、妊婦ジャケットを準備して体験してもらいました。

妊婦体験

お腹の大きい妊婦ジャケットを試着したご主人は、想像以上の重さに驚かれていました。
これから赤ちゃんを迎えるために、一生懸命勉強されていました。
みなさんの赤ちゃんへの愛情を感じて、私も温かい気持ちになりました。
私にとって両親学級は、これから赤ちゃんを迎える手伝いをできることにやりがいと喜びを感じる瞬間です。



新緑の色の受付10が患者総合支援センターです
入院支援

多職種が支援することで、患者さんが安心して入院生活を送れることを目的に、平成27年4月に開設されました。

私は入院支援を担当しています。
入院支援では主に手術目的で入院する患者さんを対象に入院の流れや必要物品の説明、術後合併症予防の指導を行っています。個室という静かな環境でお話しすることで、患者さんの緊張がほぐれていきます。
「手術と言われて不安だったけれど、ここで話を聞いてもらって少し安心できました」とおっしゃる患者さんの笑顔はやりがいを感じる瞬間です。
患者さんができるだけ快適な入院生活を送れるよう少しでも力になりたいと思います。