FC2ブログ
ナースの日記
運動療法を担当しました
こんにちは。内科、外科の混合病棟で働いているTです。
病棟では医師、薬剤師、栄養士などと協力して生活改善のための指導を行っています。私は看護師が担当する講義を行うために勉強中ですが、今回はその中の一つである運動療法について紹介します。
まずはラジオ体操です。
毎朝、患者さんと輪になって体を動かしています。小学生の時に夏休みで行っていたラジオ体操ですが、しっかりと行うと汗をかき、筋肉痛にもなります。ダイエットにも効果的だそうです。

ラジオ体操


もう一つはレッツウォークです。その名の通りウォーキングをします。
歩幅の確認をして、手足を大きく振って歩きます。手足を大きく振ることで、大きな筋肉を使い効果的な運動になります。

レッツウォーク


患者さんと一緒に運動することでコミュニケーションが深まり、退院時には感謝の言葉やお手紙をいただくこともあり、励みになっています。
「病棟には可愛いお化けがいっぱい」
私の勤務するこども病棟では、季節のたびに病棟の雰囲気が変わります。病棟の飾りつけや季節の行事は、こども達の気分転換や交流につながり、入院生活の癒しとなります。
今回、秋の飾りつけとハロウィン行事の一部をご紹介したいと思います。

ハロウィーン

10月31日はハロウィン行事を行いました。手作りのかぼちゃカバンを一緒に作ったあと、撮影会がありました。とても楽しそうなこども達や、家族の笑顔がみられて入院中でも笑顔あふれるひとときになりました。

看護師は子ども達の状況を見て遊びの工夫をしています。プレイルームに来られない場合は、保育士と連携してベッドサイドでの保育を実施します。部屋から出られないストレスで機嫌の悪かったこどもが、遊びや保育を通して笑顔になり、治療を頑張ろうとしている姿を見ると、とても嬉しくなります。またこどもの笑顔や楽しく遊ぶ姿で、家族の表情がとても穏やかになります。行事を通した活動が精神面の援助に繋がり、看護師としてやりがいを感じる場面です。

「外来では季節の飾りつけを行っています。」
 外来では、来院された方々の安らぎの空間になればと思い、季節に合わせた飾りつけを行っています。正面玄関を中心に、3月はお雛様、5月は五月人形と鯉のぼり、12月はクリスマスツリーとサンタクロースなどを飾っています。

兜

五月人形 

季節ごとの飾りつけを目にすることは、職員にとってもリフレッシュになります。



7階西病棟 (^_^) とても明るくにぎやか
 7階西病棟です。
普段の私たちの様子を紹介します 

朝は深夜勤者から日勤者への引き継ぎで始まります!

引継ぎ

引き継ぎが終わると、一斉に回診が始まります。
患者さん一人ひとりの病室を回り、とても慌ただしいです。
大勢の医師と看護師が病室を行き来しているので、患者さんが驚くこともしばしばあります。患者さんと医師・看護師がコミュニケーションをとる貴重な時間になっています。

回診

回診

ここからは今年度7西病棟での看護ので取り組みを紹介します ^^

★心臓リハビリテーション★
心臓リハビリテーションとは、心臓病によって低下した心機能や、心身の機能を改善して心臓病の再発や新たな発症を予防して、生活の質を改善させるものです。
患者さんが、安全に安心して退院できるようにリハビリを行っています。

エルゴメーター

エルゴメーター(自転車こぎ)で運動療法を行い、退院前には6分間歩行テスト(6分間でどれくらいの距離を歩行できるか測定)を行います。
看護師だけでなく、理学療法士と協力してリハビリを行います。

病院では色々な職種の方が患者さんと関わっています。

★術前呼吸訓練★
手術によって侵襲を受けた呼吸筋や肺の換気能力の維持・改善、手術後の肺炎や無気肺などの呼吸器合併症を予防することを目的に行います。
大きな手術に備えて、手術前から看護師が関わって訓練を行います。昨年10月より開始しています。

呼吸訓練

写真はボルダインという器具を使用して呼吸訓練を行っている様子です。
換気量を増やすことによって肺の動きを大きくすることができ、手術後の合併症を予防することができます。

さて・・・
7西の入り口にはいつも季節を楽しませてくれる空間があります。
クリスマス、節分・・・・などなど
全て看護補助者の手作りです。すばらしい才能ですね(≧∇≦)

ひろきとなおみ

くまの名前は・・・ひろきとまなみです ^^
とってもキュートです

お昼休み

お昼休みの様子です。わきあいあいとしています
先輩・後輩関係なく話に夢中になって、時間があっという間に過ぎてしまいます。
みんなの笑い声が聞こえてくるようです。


こんな風に私たち7階西病棟はいつも明るくいきいきと働き、前向きに看護しています!!