FC2ブログ
ナースの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

循環器病・脳卒中センターから
3階西病棟 循環器病・脳卒中センターのHです(=^・・^=)
当病棟は19床で、主に手術後や発症間もない急性期の患者さんの看護を行っています。
循環動態が安定するまで薬剤を使用しての血圧管理や人工呼吸器を使用しての呼吸状態の管理を中心としています。
全身管理を行いながらも、さまざまな合併症の予防や、ベッド上安静にしていて起こりやすいトラブルを防ぐため、43名のスタッフが日々奮闘しています。


集合写真
       みんな仲良しなのでチームワークは最高です(>ω<)



脳や心臓の手術後の患者さんや心筋梗塞治療後の患者さんが主に入室します。手術後は安静にしていただく時間が長いため、圧迫による床ずれが発生しやすくなります。また、人工呼吸器管理によって呼吸器感染のリスクもあります。そのため病棟では勉強会を多く開催しています。お互いの知識を高める、また情報共有をして患者さんの安全を守るため努力しています。

そんな循環器・脳卒中センターにも、今年の春から新たな仲間が5人も来てくれました。

新人


みんな経験者ということもありすでに仕事も淡々とこなして即戦力となってくれています。経験者とはいえ、初めて集中治療室で働く新人さんもいるので、ベテランのお姉さん達が優しく病棟の説明や手技を教えています。


指導中(笑)
             一生懸命話を聞いていますね(^^)


頼もしい仲間も増えたということで、精神面も全力でサポートするたくましい教育体制(笑)仕事内だけでなく私生活でも仲良しの循脳センターでは、先輩たちが飲み会などに誘って心のケアも行っています(^o^)
循脳センターはめちゃめちゃ楽しいです。まじで!(^^)!

 ON OFFは きっちりしていて、朝から仕事モード全開。

申し送り

朝の申し送り風景です。患者さんの情報をチーム内で共有して、日々の看護に活かしています。新人さん達は朝早くから情報収集を一生懸命行っています。
患者様みなさんにより良い看護を提供できるように、チーム内でも勉強会を開き新しい知識を身につけたり、手順の復習をして起こりやすいトラブルを未然に防いだりとみんな頑張っています。

 そんな一生懸命な循脳センターはこれからも患者さんや家族のためにより良い看護が提供できるように、もっともっと精進していきます。

スポンサーサイト
救命救急センターより
突然ですが、問題です!!市民病院の中で一番看護師の多い病棟はどこでしょうか?
正解は我らが救命救急センターです。なんと、看護師だけで57名が在籍しています。配属されたら、まずは看護師の顔と名前を覚えるのが、救命救急センターでの最初の仕事です(

救命救急センターってドラマとかでよく取り上げられていますよね?山Pや江口○介は居るのかな・・・?
山P

あっ!!いたー!!救命センターの山P!!恥ずかしがり屋なので正面からは会った時のお楽しみ。

除細動器と救急カート

これもよくTVでみる除細動器と救急カートです。重症な患者さんが多いので、急変時にすぐ対応できるように常備されています。
急変時などにすぐに対応できるように日々勉強会を行い、技術と知識を磨いています。

日々研鑽

院内では定期的にメディカルラリーというものが開催されています。メディカルラリーとは、医師や看護師や救急救命士などがチームを組み模擬患者さんを時間内にどれだけ的確に治療できるか競そう競技会です。
昨年は、そのメディカルラリーで、並み居る強豪チームがいるなか見事優勝を勝ち取ることが出来ました。もちろん今年もこのトロフィーは誰にも渡さないつもりです!!

メディカルラリー

救命救急センタースタッフは重症救急患者の救命のために、医療チームが一丸となって力を合わせて働いています。
 
 仕事以外では真剣に遊びます!!富士登山やマラソンなんてしている人も多いです。
休憩室にはリラックスできるソファーやマッサージ器もあります。一緒にゆっくりお茶しながら救命救急センターの未来について一緒に語りませんか
休憩室で





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。