ナースの日記
4階西病棟についての紹介
こんにちは。秋になり食べ物が美味しくなってくる頃ですね。

4階西、子ども病棟の紹介をしたいと思います。

当病棟では、成長過程にある子どもが対象となるため、子どもの生活の場として、また入院生活でのストレスがたまらないよう、プレイルームが設置されていたり、七夕・クリスマス・節分などの季節の行事が定期的に開催されています。
勉強が出来るよう、病棟内に院内学級の設置もあります。

こどもの日  こどもの日

七夕 七夕

子ども病棟は、年齢や発達段階も乳児から中校生までと幅広く、疾患も多岐に渡るため、様々な疾患や年齢の患者さんがいます。

誕生日
     誕生日(みんなで歌を歌いました!)

病棟には保育士さんが2人おり、最近では、入院生活によりストレスが溜まっている子供たちのため、紙芝居や絵本の読み聞かせなど、その子どもにあった遊びを提供する個別保育を行っています。個別保育の間は、子供から離れられなかったお母さんたちも自由に活動できるので、ストレス解消にもつながり感謝の声を頂いています。

読み聞かせ 読み聞かせ

入退院も多く、忙しい時もありますが、退院時に子供たちの元気な顔が見れたり、病状が安定してプレイルームで遊べるようになった姿をみると、とてもやりがいを感じます。
スタッフ一同、毎日力を合わせて頑張っています!!


こんにちは、4階東病棟です。
4階東病棟には麻痺や筋力低下などがあり、生活に介助が必要な患者さんがたくさん入院しています。
今年度から朝のオムツ交換、体位変換、陰部洗浄を勤務者全員で一緒に行っています。
みんなで協力することでスタッフ一人ひとりの負担を軽減することができ、患者さんにとっても苦痛なくオムツ交換や体位変換を行うことができるようになりました。
さらに新人スタッフは先輩と一緒に業務を行うことで、技術を学ぶ機会となり日々成長しています。

病棟の一年生
      私たちの病棟の1年生です。とってもいい笑顔(*^_^*)


そして、4階東病棟には毎日あいさつ当番がいます。
バッチを胸に「血糖測定はしましたか?」
「休憩に入れそうですか?」などなど…
スタッフ同士が忘れないように、協力して業務が進められるように声を掛けます。

あいさつ運動


マスコットボーイ
                     
「ユメルダ君」は4階東病棟のマスコットボーイ!患者さんに唄をうたってあげたりできるよ。
胸のバッチはあいさつ当番がつけているものだよ。



こんな風に4階東病棟はスタッフみんなで助け合い、イキイキと働くことのできる温かい病棟です。