FC2ブログ
ナースの日記
「生活援助に感じるやりがい」
こんにちは、内科病棟のOです。
私たちの病棟では、ご自分で入浴が出来ない患者さんの入浴介助を、毎日5~7人行っています。
今日は私が入浴介助の担当だったので、紹介します。
ある患者さんはめまいがあるため、動くだけで気分が悪くなり入浴をしたがりませんでした。入浴による清潔などの効果と、自分で動かなくても入浴できる事を説明し「思い切ってやってみましょう。」と誘ったところ、患者さんの決心がついたので行いました。めまいはおこらず、「さっぱりしました。寝ているだけでシャンプーや入浴が出来るなんてすごいね。ジャグジーもあるのですね。退院したらみんなに教えるよ。」といってくださいました。

入浴介助

入浴介助は、生活援助の基本で看護師の大切な仕事です。しかし、本人が拒否しているため無理強いできずにいました。根気よく接した結果、私の説明が伝わり受け入れてもらう事ができ、爽快感を得ていただくことができました。

入浴介助は大きなビニールエプロンをつけて行うので、とても暑くて大変ですが、患者さんが皆さん喜んでくださり、ありがとうと言ってくださるので、大変にうれしくなります。
ありがとうの言葉が私のやりがいになっています。