ナースの日記
新人看護職員を迎えました
春がやってきました。
内科病棟に勤務するMです。

桜

4月から新潟市民病院に新人看護職員が仲間入りし、私の部署には3名の看護師が配属されました。
配属当初は、先輩看護師の動きを見学する「かるがも研修」期間があります。かるがもの親子が一緒に歩くように、先輩看護師の親がもに新人看護師の小がもがついて歩き、患者さんとの接し方、検査や処置などを見て学びます。疑問をその場で質問し解決できる点がメリットだと思います。

かるがも研修_2018

私が担当する時は、新人看護師の顔色や表情に気を配り、一日も早く仕事に慣れるように見守っています。また、私自身は、質問を受けることが、日頃の看護の振り返りにつながることを経験しました。
お互いに学びながら成長し合い、仲間として働き始める第1歩が始まりました。